現状維持バイアスと休憩 - 知覧茶専門店 YOGŪ

現状維持バイアスと休憩

 

現状維持バイアス

「休憩をとる事」は一見ラクにできそうに思いませんか?

現状維持バイアスとは、現在の状況より好転する可能性が高い場合でも、変化を避け現状維持を選ぶことを指します。今続けていることを続けたい、変化したくないという心理特性があります。このバイアスは、私たちの日常生活や仕事の中で、さまざまな場面で現れます。

休憩は、仕事を効率よく行うために欠かせないものです。休憩をとることで、集中力やモチベーションが回復し、仕事の効率がアップします。しかし、現状維持バイアスに陥ると、休憩をとることに抵抗を感じてしまうことがあるようです。バイアスを変えるという、面倒な切り替えでもあるのです。

例えば、仕事でいつも同じ方法で作業をしていると、新しい方法を試すことにためらいを感じてしまうことがあります。また、休憩をとることで、仕事の進捗が遅くなるのではないかと不安になることもあるでしょう。

現状維持バイアスに陥ると、仕事の効率が低下したり、成長の機会を逃したりする可能性があります。休憩をとることで、仕事の効率を上げ、成長するためにも、現状維持バイアスに陥らないように、休憩のハードルや壁を低くする事が大切です。

現状維持バイアスに陥らないための方法は以下のようなものがあります。

 

休憩のメリットを意識する

    休憩をとることで、集中力やモチベーションが回復し、仕事の効率がアップします。また、リフレッシュすることで、新しいアイデアが生まれやすくなるというメリットがあります。休憩のメリットを日頃から意識することで、休憩をとることに抵抗がなくなるでしょう。

     

    休憩を習慣化する

      休憩をとることを習慣化することで、現状維持バイアスに陥りにくくなります。1時間ごとに5分程度の休憩をとる、昼休みに15分程度昼寝をするなど、自分に合った休憩の取り方を習慣化しておきましょう。

       

      休憩を強制する

        自分で休憩をとる事が難しい場合は、誰かに休憩を促してもらうのも良いでしょう。はじめからスケジュールに入れておいたり、同僚や上司に休憩をとるように頼んでみるのもおすすめです。

        休憩は、仕事を効率よく行うために欠かせないものです。

        現状維持バイアスに陥らないよう、休憩のメリットを意識し、休憩を習慣化することで、仕事の効率を上げ、成長につなげましょう。

        RuffRuff App RuffRuff App by Tsun
        ブログに戻る
        RuffRuff App RuffRuff App by Tsun

        おすすめ商品

        1 8