お茶の効能をもう1度見直してみませんか?

お茶の効能をもう1度見直してみませんか?

日本茶は「お水」と同じように、飲食店でも頻繁に提供されており、私たち日本人の生活に寄り添っています。


そんな当たり前な存在とも言える「日本茶」の魅力に、もう1度注目してみませんか?


本記事では、日本茶の代表的な効能をご紹介しており、お茶ライフを豊かにしたい皆さんにとって必見です!

 

1.ストレスの緩和

茶葉に含まれている成分の中でも、ストレスの緩和に一役買っているのが「テアニン」と呼ばれるアミノ酸です。

 

テアニンは日本茶特有の成分であり、リラックスできたり、寝付きがよくなったりというような、うれしい効果をもたらします。

 

過度な緊張を和らげる効果もあるため、ほっとしたいときこそ、積極的にお茶を飲んでみてくださいね。

 

さらに、日本茶には、集中力をキープするのに役立つお馴染みの「カフェイン」も含まれています。

 

カフェインとテアニンの両方が存在するからこそ、贅沢なことに「集中力」も「リラックス」も叶えてくれるんですよ。

 

ちょうどいい塩梅というわけですね。

 

2.アンチエイジング効果

日本茶に含まれる「カテキン」は、おそらく誰もが見聞きしたことがあるのではないでしょうか?

 

そんな代表格の成分は「抗酸化作用」に優れており、老化を防ぎつつ、身体をメンテナンスしてくれるヒーローです。

 

人が呼吸するときに取り込まれる酸素は、日々のストレスや食生活が影響されるとうまく代謝されなくなり「酸化」を引き起こすことがあります。

 

酸化は、目に見えるシワやシミといった老化に繋がるばかりか、生活習慣病などにかかりやすくなるため、できる限り予防していきたいものです。

 

諸説ありますが、最初に煎じて飲む「一番煎じ」や「二番煎じ」には、カテキンが豊富に含まれていると言われています。

 

最後の一滴まで、カテキンからのありがたいパワーをいただきましょう。

 

3.食生活を整える

バランスが悪い食事やコレステロール値の高い食事は、高血圧や「メタボ」と呼ばれるような肥満の原因になることも。

 

分かってはいても、「バランスのよい食生活」を続けることは簡単ではないかもしれませんが、そんなときは、日本茶でバランスをとってあげましょうか。

 

ここでも大活躍なのが、やはりカテキンです!

 

以下のとおり、大きく3つご紹介します。

 

・脂肪を燃焼させてくれる

・血管収縮を抑え、高血圧を予防する

・コレステロールを下げる

 

とは言え、日本茶で食生活のバランスを取りきれるワケではありません。

 

「食べることは生きること」とも言いますから、脂甘厚味(ひかんこうみ:脂っこい、甘すぎる、濃い味付け)の食事は少し控え目にして、身体によい食事を心がけましょう。

 

お茶を摘むように「不調の種」もやさしく摘んでくださいね。

 

知覧茶のここがスゴい!

「深蒸し煎茶」に分類される知覧茶は、通常の煎茶に比べると「茶葉」が細かいため、成分が抽出されやすいのが特徴です。

 

通常の煎茶から摂ることが難しい「不溶性成分」も抽出できるため、日本茶の恩恵を、より深く受けることでしょう!

 

この不溶性成分には、老化を抑制する「ビタミンE」やお通じを整える「食物繊維」が含まれています。

 

前述したアンチエイジング効果を、さらに加速してくれるのですね。

 

一方、茶葉が細かい分、成分が早く抽出されてしまうとも言われています・・・!

 

「湯で注いでから抽出する時間」を短めに設定し、栄養素をできるだけ逃さないようお気をつけください。

 

まとめ

お茶の効能は数えきれませんが、今回は「ストレスの緩和」「アンチエイジング効果」「食生活を整える」の3つをご紹介しました。

 

よく見聞きするカテキンのスゴみも、再発見できたことでしょう。

 

知覧茶などの深蒸し煎茶は「不溶性成分」まで抽出してくれますので、特にオススメです。

 

日本茶は「当たり前にあるけど、実は尊い」と言える存在であり、これからも私たちの暮らしに寄り添っていくことでしょう。

RuffRuff App RuffRuff App by Tsun
ブログに戻る
RuffRuff App RuffRuff App by Tsun

おすすめ商品

1 7