仕事の効率を一気に上げる

仕事の効率を一気に上げる

仕事とプライベートの境界

社会の多様な勤務形態が広がる中で、仕事とプライベートの境界が曖昧になり、日々のリズムを取りづらくなっている人が増えています。このような状況で、ストレスが積み重なることは避けられません。時間に縛られずに、自分らしいペースで業務を遂行し、日常にメリハリを持たせるためには、まず休息の大切さを再認識することが不可欠です。

仕事の効率を上げるために、休憩は欠かせません。休憩をとることで、集中力やモチベーションを維持し、生産性を高めることができます。

仕事の効率を上げるために、特に効果的な休憩の取り方は、以下の2つです。

短い休憩をこまめにとる

    人間の集中力は、一般的に約90分程度が限界だといわれています。そのため、60~90分に1度は、5分程度の短い休憩をとるようにしましょう。

    短い休憩では、体を動かしたり、好きな音楽を聴いたり、ストレッチをしたりなど、リラックスできるようなことをします。

    体を動かすことで、血行が良くなり、脳の疲労を軽減することができます。また、好きな音楽を聴いたり、ストレッチをしたりすることで、リラックス効果が得られ、集中力を高めることができます。コーヒーや緑茶を飲むのもおすすめです。

    短い休憩は、目の疲れの軽減や長時間の座りっぱなしによる体への負担の軽減、さらには集中力の向上などに非常に役立ちます。その他にも、適切なタイミングでの休息は、作業効率だけでなく心身の健康にも良い影響をもたらします。

     

    昼寝をする

      昼寝は、脳をリフレッシュさせるのに効果的です。15~20分程度の短い昼寝をとることで、集中力や記憶力が向上し、仕事の効率がアップすると言われています。

      昼寝をするときは、できるだけ暗く静かな場所で、横になって目を閉じるようにしましょう。また、昼寝の時間が長すぎると、逆に眠気が残ってしまうことがあるため、気をつけましょう。

      会社によっては「シエスタ制度(昼休みを長く設定)」「昼寝制度」を導入したり「PowerNapプロジェクト(睡眠プロジェクト)」と題して昼寝を推奨する取り組みをしているところもあるようです!(いいないいな!)

      これらの休憩の取り方を意識することで、仕事の効率を上げることができます。ぜひ、試してみてください。

       

      • 1時間ごとに、5分間程度の短い休憩をとる
      • 昼休みには、15分間程度の短い昼寝をする

       

      休憩の取り方は、人によって合う合わないがあるため、自分にあった方法を見つけることが大切です。

       

      _____________________
       
      \ LET'S TAKE A BREAK /
      休憩するきっかけをつくるYOGŪ
      https://yogu.jp/
      ブログに戻る
      RuffRuff App RuffRuff App by Tsun

      おすすめ商品

      1 4