第77回 全国茶品評会 審査結果

第77回 全国茶品評会 審査結果

第77回全国茶品評会が、8月22日から25日の4日間にわたり、福岡県で開催されました。(全国茶生産団体連合会など主催)
 
全国から832点の出品があり、8部門にて審査が行われ、入賞者等が決定しました。
※「第77回全国茶品評会」は、全国規模の茶品評会で、全国の茶業関係者が茶生産の近代化と茶業経営の一層の発展を図ることを目的とし、昭和38年から毎年開催。
 
●受賞部門:普通煎茶10kgの部(全国からの出品点数104点)
産地賞(1位)
・南九州市 (鹿児島県)

 

その他の南九州市の受賞はこちら。

●農林水産省農産局長賞
・知覧銘茶研究会株式会社枦川製茶(南九州市)
 
●公益社団法人日本茶業中央会会長賞
・知覧銘茶研究会有限会社宮原光製茶宮原健(南九州市)
 
●全国茶生産団体連合会会長賞
・知覧銘茶研究会農事組合法人大隣岳茶生産組合(南九州市)
 
●全国茶商工業協同組合連合会理事長賞
・知覧銘茶研究会農事組合法人菊永茶生産組合(南九州市)
 
先日の知覧茶Ambassador schoolでもお話ありましたが、産地賞は通算27回目との事でした。(部門:普通煎茶10kg)
 
[その他の部門の産地賞]
●普通煎茶(4kg):川根本町(静岡県)
●深蒸し煎茶:掛川市(静岡県)
●かぶせ茶:舞鶴市(京都府)
●玉露:八女市(福岡県)
●てん茶:宇治市(京都府)
●蒸し製玉緑茶:嬉野市(佐賀県)
●釜炒り茶:嬉野市(佐賀県)
(産地賞:各部門における、審査成績上位3点の合計審査得点が最上位の市町村)
 
受賞されている品種をみると「やぶきた」が圧倒的に多かったです。来年はどうなっていくか今から楽しみです。
 
産地や品種で味も香りも変わるお茶。色々飲んでみたくなりました。
全国の産地、茶業に関わる皆さま、産地賞・各受賞おめでとうございました!
これからも美味しいお茶をたくさん飲みます!
ブログに戻る
RuffRuff App RuffRuff App by Tsun

おすすめ商品

1 4