氷出し緑茶の作り方 - 知覧茶専門店 YOGŪ

氷出し緑茶の作り方

氷出し緑茶の魅力

溶けた氷のしずくで抽出する氷出し緑茶暑い夏にぴったりの、爽やかなお茶。いつものお茶をより美味しく、そして簡単に楽しめる方法です。氷出し茶の魅力は、なんといってもそのまろやかで、すっきりクリアな味わいにあります。茶葉からじっくりと時間をかけて抽出されることで、渋みや苦味を抑え、お茶本来の旨味を引き出すことができるのです。暑い日に、冷たくて美味しい氷出し茶を、ぜひご自宅で作ってみませんか?

 

氷出し緑茶の作り方

氷出し茶の作り方は、簡単です。必要なものは、茶葉、ポット、氷、そして時間だけ。詳しい手順は以下の通りです。

用意するもの]
①茶葉
②冷水ポットや急須
③氷

100mlだと茶葉は3〜5g程度。
500mlだと茶葉は10g程度。
急須の場合はお湯でいれる時と同じ量。

1. 茶葉を底に広げる

お好みの茶葉を選びましょう。水出し用として販売されている茶葉はもちろん、緑茶、紅茶、ハーブティーなど、様々な種類のお茶で試すことができます。冷水ポットや急須の底に茶葉を敷き詰めます。

2. 氷をたっぷり入れる

容器がいっぱいになるまで氷をたっぷり入れます。

3. 氷が全部溶けるまで待つ

そのまま常温で数時間おいておきます。(3時間〜)
冷蔵庫にいれる場合は溶けるのに時間がかかるのでさらに長くなります。
夜寝る前にセットしておくのがいいかもしれません。

4. 氷が溶けたら軽く混ぜる

飲む前に、底に沈んでいるお茶の成分や旨みを均一になるように軽く混ぜます。水色が広がる様子をお楽しみください。

 


氷出し緑茶を楽しむポイント

氷出し茶をより美味しく楽しむために、いくつかポイントをご紹介します。

  • 茶葉の品質: 良い品質の茶葉を選ぶことで、より美味しい氷出し茶を作ることができます。特に、水出し用に作られた茶葉は、水出しに適した茶葉なのでおすすめです。
  • 抽出時間: 自分好みの時間を見つけるのもおすすめです。夜寝る前にセットして冷蔵庫でじっくり抽出するのもおすすめです。
  • 温度: 低い温度で抽出することで、カフェインを抑え癒やし成分(テアニン)や甘み・うまみ(アミノ酸)が多く抽出されます。


    まとめ

    氷出し緑茶は、渋味や苦味をおさえながら、緑茶の旨味を引き出す抽出方法のひとつです。低温で淹れるとカフェインや苦みを抑え、甘みを引き出すことができます。自宅でも簡単に作ることができるので、ぜひチャレンジしてみてください。色々な茶葉を試したり、アレンジを加えたりして、自分だけの美味しい氷出し茶を見つけてみてはいかがでしょうか?

    RuffRuff App RuffRuff App by Tsun
    ブログに戻る
    RuffRuff App RuffRuff App by Tsun

    おすすめ商品

    1 8