お茶のブレンド 合組とは?

お茶のブレンド 合組とは?

合組とは?

コーヒーの世界でよく聞くブレンドという言葉ですが、実はお茶の世界でもあるんです。お茶の世界では『合組(ごうぐみ)』と呼ばれています。なんと、日頃飲まれているお茶のほとんどが合組のお茶、簡単に言うとブレンド茶です。

一種類じゃ駄目?

実はお茶は、一種類だけで造られているわけではありません。一種類の茶葉だけで作られたお茶は、香りや味に個性があり、好みが分かれることがあります。そこで、複数の茶葉を組み合わせて、より多くの人に好まれるお茶を作るのが「合組」です。そして、お茶は農産物ですので、気候により大きく変化するものです。均一な品質を安定して提供するためにも欠かせない作業です。

 

合組では、茶葉の産地や品種、蒸し具合などによって、さまざまな特性を組み合わせることができます。例えば、香りの良い茶葉とコクの強い茶葉を組み合わせると、香り豊かでコクのあるお茶になります。また、渋みの少ない茶葉と渋みの強い茶葉を組み合わせると、渋みが抑えられたまろやかな味わいのお茶になります。それぞれの特性を活かすように、さまざまな組み合わせを試しながら、最適な合組を探します。合組をすることで相乗効果が生まれます。

合組を行う茶師

合組は、お茶の品質を向上させるだけでなく、新しい味わいを生み出すこともできます。そのため、多くのお茶の銘柄には、さまざまな茶葉を組み合わせた合組茶が存在します。

 

製茶問屋の職人、お茶を創る職人である茶師(段位)が担っています。お茶の風味を左右するため重要な役割であり、厳しい世界です。五感を研ぎ澄ませ、特徴をとらえる。味や香りのバランスをみながら組み合わせていく。繊細な専門技術です。短所×短所を長所にするのも合組の技術と言われています。

いつか合組に挑戦して、自分好みのお茶を造ってみるのも楽しそうですね。お茶はまだまだ奥が深くおもしろい。

 

ちなみにYOGŪのお茶は3品種の合組です。

RuffRuff App RuffRuff App by Tsun
ブログに戻る
RuffRuff App RuffRuff App by Tsun

おすすめ商品

1 6