新茶(一番茶)はなぜおいしいのか。

新茶(一番茶)はなぜおいしいのか。

茶葉は、1年のうちに数回収穫が行われます。

 

その中でも一番最初に収穫したお茶を「一番茶」と呼びます。この春に摘まれたての茶葉が新茶(一番茶)です。最も品質の高いものになります。一般的には4月上旬から5月中旬頃が収穫時期です。

 

新茶は、春の新芽から摘まれた茶葉を使用するため、鮮やかな緑色をしています。この鮮やかな色は、香りも良く新鮮で栄養価が高いことを表しています。

 

また、新茶は甘みや香りが豊かで、苦味が少ないのも特長です。茶葉が柔らかく、早い段階での加工ができるため、独特の風味があります。

 

一年のうち限られた期間しか収穫できないため、季節限定の味わいがあります。春の訪れを感じるお茶として、多くの茶愛好家にも愛されています。

 

お魚や野菜のように、お茶にも旬があるんですね。

…と、書いているうちにお茶が飲みたくなってきました。

 

湯のみの画像です。
ブログに戻る
RuffRuff App RuffRuff App by Tsun

おすすめ商品

1 4