熱中症に気をつけましょう

熱中症に気をつけましょう

いつでもどこでもだれでも熱中症にかかる危険性があります。身体が暑さに慣れていない梅雨明けにも起きやすいです。また屋外だけでなく、高温多湿の室内でも発症します。予防法や対処方法を知ることで、防ぐことが出来ます。

熱中症とは

熱中症とは、高温多湿な環境に、私たちの身体が適応できないことで生じるさまざまな症状の総称です。体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節機能がうまく働かなくなり体内に熱がこもった状態を指します。

 

熱中症の症状

  • めまい
  • 立ちくらみ
  • 生あくび
  • 体がだるい
  • 大量の発汗
  • 体が熱い
  • 筋肉痛
  • ほてり

 

症状がすすむと

  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 倦怠感
  • 頭痛
  • 集中力・判断力低下
  • こむらがえり

 

さらに進むと

  • 手足の運動障害
  • 高体温
  • まっすぐ歩けない
  • 意識障害・意識がない
  • けいれん

 

応急処置

  1. 水分・塩分・経口補水液など補給
  2. 体を冷やす(保冷剤などを首元・脇・足の付根)
  3. 涼しい場所で休む
  4. 様子をみる
  5. 改善しなければ病院または救急車(119番通報)

 

予防・対策

  • 暑さに負けない体づくりをしよう
  • 通気性のある衣類を着用しよう
  • 水分・塩分をこまめにとろう
  • 睡眠や食事をしっかりとろう
  • 休憩をこまめにとろう

 

特に注意・配慮したい方

  • 子ども
  • 65歳以上の高齢者
  • 障害のある方

 

 

暑さの感じ方は人によって異なります。自分の体力や健康状態を知り、正しい知識をもって予防しましょう。これからの暑い季節を安全に過ごしましょう。

RuffRuff App RuffRuff App by Tsun
ブログに戻る
RuffRuff App RuffRuff App by Tsun

おすすめ商品

1 6